トップ > 脱毛サロン一覧 > ディオーネ > ハイパースキン脱毛の特徴と光脱毛との違い

ハイパースキン脱毛の特徴と光脱毛との違い

ほとんどの脱毛サロン(脱毛エステ)で行われているのは光脱毛です。ハイパースキン脱毛は一般的な光脱毛とは全く違う脱毛法となります。ハイパースキン脱毛と光脱毛の違いについて少し説明します。

光脱毛は黒い部分に反応する光を照射する脱毛方法です。メラニン色素に反応し、その熱エネルギーにより毛根を処理しムダ毛を無くします。この熱により痛みを感じたり、火傷などの肌トラブルを起こす危険性もあります。多くのサロンでは光脱毛を行う前に冷却ジェルを塗ります。冷却ジェルを塗布することで、痛みを軽減し火傷などの肌トラブルを防ぐのが目的です。
光脱毛は黒い部分に反応する光を使うので、毛周期の成長期にある毛にしか効果がありません。

ハイパースキン脱毛は、毛周期の休止期にある「毛の種」にアプローチする光を照射します。この光は体感温度38℃ほどなので痛みがありません。とても肌に優しいので敏感肌などで肌が弱い人でも脱毛することができます。一般的な脱毛サロンで敏感肌を理由に施術を断られた場合でも、ハイパースキン脱毛ならOKということも多いです。

光脱毛は医療レーザー脱毛や美容電気脱毛と比べて痛みが少ない脱毛法ですが、それでも顔やVIOといった痛みに敏感な部分を処理するときは痛みを感じる方も多いです。そのような痛みに敏感な部位を処理するならハイパースキン脱毛がおすすめです。

光脱毛は黒い色に反応するので、顔の処理をするときに眉上や眉間、唇の下などを避けて処理することが多いです。一方でハイパースキン脱毛なら、キワのキワまでお手入れすることができます。

ほとんどの脱毛サロン(脱毛エステ)で行われているのは光脱毛です。ハイパースキン脱毛は一般的な光脱毛とは全く違う脱毛法となります。ハイパースキン脱毛と光脱毛の違