トップ > 部位別に選ぶ > VIOライン・ハイジニーナ脱毛 > VIOにおすすめの脱毛方法は?

VIOにおすすめの脱毛方法は?

エステやクリニックで行われている脱毛方法には幾つかの種類があります。VIOの処理をする際におすすめの方法はどれなのでしょうか?それぞれの方法についての概要とVIOに適しているのかを説明します。

光脱毛

最近最も人気のある方法で、多くのエステで採用されています。ムダ毛を無くしたい部分に光を照射し、その熱エネルギーで毛根を変性させることで処理します。一度に広い範囲を処理できるので、短時間でお手入れがおわるため料金が安いという特徴があります。痛みが少ない方法なので、敏感なVIOのお手入れに向いています。

レーザー脱毛

レーザー脱毛は光脱毛と同じ仕組みですが、より強い光を照射する方法です。強い光を使うので効果が高いのですが、痛みも強くなっています。火傷などの肌トラブルのリスクもあるので、エステでは受けることができず、医療機関(美容クリニックや美容外科など)で受けることになります。健康保険適用外の治療なので費用が高い傾向にあります。痛みが強いのでVIOにはあまり適していません。しかし、笑気麻酔などを使用してから施術するクリニックもあるので、そのようなクリニックなら痛みも気になりません。

光やレーザーを用いた方法では一度施術をすると2~3ヶ月の間隔を空けてから次の施術を受けることになります。これは毛周期というものが関係しています。毛周期は成長初期、成長期、退行期、休止期を繰り返す発毛サイクルのことです。光やレーザー脱毛では成長期や成長初期の毛根だけにしか効果がないので、毛周期が経過する毎に何度も施術を受けないとツルツルにすることができません。

ハイパースキン脱毛

光脱毛よりも痛みが少なく肌に優しい方法です。どのくらい肌に優しいかというと、敏感肌や3歳以上の子供でも受けられるほどです。光やレーザーと違い毛周期に関係なく施術を受けることができ、最短で2週間毎に通うことができます。
ハイパースキン法を採用しているサロンとしてはディオーネがあります。ディオーネのハイパースキン法で使用する光にはフォト美顔の光が約3割含まれています。フォト美顔というのはフェイシャルエステで採用されている最新の光エステのことで、美肌効果が期待できます。コラーゲンの生成を促し肌を蘇らせるので、自己処理で痛めてしまった肌や黒ずんでしまった肌のケアにおすすめです。

ハイパースキン法は痛みも少なくVIOに適していますが、光脱毛よりも料金が高い傾向にあります。 安く済ませるなら光脱毛が良いですし、痛くないのが良いならハイパースキン脱毛がおすすめです。 光脱毛でも痛みを軽減する工夫をしているサロンも多いので、そのようなサロンを選ぶのも良いでしょう。

エステやクリニックで行われている脱毛方法には幾つかの種類があります。VIOの処理をする際におすすめの方法はどれなのでしょうか?それぞれの方法についての概要とV