トップ > 悩み・目的別に選ぶ > 痛くない > 痛くない脱毛方法とは?

痛くない脱毛方法とは?

電気針を使用したニードル脱毛や医療用レーザーを使用した脱毛方法は少なからず痛みを伴い、場合によっては耐えることができないこともあります。

それらに比べて痛みが少ないあるいはほとんど感じることがないのが光脱毛で、弱い光を広い範囲に照射することが特徴です。

痛みが少ないということから多くの脱毛サロンで採用されている光脱毛ですが、使用する機械によって方式が異なってきます。S.S.C.脱毛という方式はジェルと光の効果を合わせて処置するもので、ジェルは美容成分としても効果があるものが多いためデリケートなVIO脱毛にも用いられます。

IPL脱毛と呼ばれる方式は医療用ほど強力ではないレーザーを交互に照射して脱毛を促すもので、毛に含まれるメラニン色素を攻撃するものです。太い毛から産毛まですべての毛を捕えることが可能で、強力かつ瞬時の光によって肌に大きなダメージを与えることなく毛の細胞を破壊することができます。

同じく毛のメラニン色素に作用する脱毛方法としてハイパースキン脱毛というものがあり、こちらは毛の生え換わる周期に合わせて脱毛していくことが特徴です。

比較的新しい脱毛方法としてはSHR方式というものがあり、S.S.C.脱毛のようにジェルを使用する方法ですが、作用する部分が異なり発毛因子が生み出される毛包という部分に働きかけます。 このように様々な種類に分けられている光脱毛ですが、どれもが痛みの少なさを強みとして売り出されているものなので、顔脱毛やデリケートゾーンのような皮膚の弱い部分にも使用できるというメリットがあります。

電気針を使用したニードル脱毛や医療用レーザーを使用した脱毛方法は少なからず痛みを伴い、場合によっては耐えることができないこともあります。 それらに比べて痛みが