トップ > 脱毛に関する知識 > 無駄毛の自己処理には注意が必要

無駄毛の自己処理には注意が必要

無駄毛が気になってきたときに最初は自分で処理する人がほとんどだと思います。 自分で無駄毛の自己処理をする簡単な方法としてはカミソリや毛抜き、除毛剤などがあります。 これらの方法は簡単にできますが、その分だけ肌トラブルが起きるリスクも高いのです。

カミソリやシェーバーは無駄毛を剃って処理します。このとき毛だけを剃っているつもりでも、実は肌の表面も削っています。 カミソリやシェーバーでお手入れした後で、肌がヒリヒリしたり赤く炎症を起こしたりするのはこれが原因です。 お手入れ後に痒みが出ることもありますが、これも肌を傷つけているからです。

このように肌を傷つけていると、さらに酷い肌トラブルを引き起こすことになります。 例えば、色素沈着や黒ずみ、シミ、肌荒れなどです。 カミソリで無駄毛処理をしていて黒ずみになったという経験がある人は多いと思います。 肌を傷つけると肌の内部でメラニン色素が生成されるので、これが原因で色素沈着が起きて黒ずみやシミになるのです。 カミソリでのお手入れを続けている限り、この黒ずみが解消するのは難しいかもしれません。 また、肌が乾燥しやすくなることもあります。 肌には外部刺激から守るためのバリア機能があります。カミソリで肌を傷めているとバリア機能が低下してしまいます。 バリア機能は外部刺激から肌を守るだけでなく、内部から水分が蒸発するのを防ぐ働きもあります。 そのため、肌を傷めてバリア機能が低下すると、肌内部から水分が蒸発しやすくなり乾燥肌になります。

毛抜きやピンセットで無駄毛を抜いて処理している場合にも肌トラブルが起きがちです。 毛抜きで毛を引き抜く時には毛穴に強い力がかかっているので、毛穴を痛めてしまいます。 すると毛穴が炎症を起こしたり、毛穴が開いた状態になって皮脂汚れが溜まりやすくなり、これが原因でニキビができることがあります。

毛抜きによる肌トラブルには埋没毛もあります。 毛を抜いたとしても毛根はそのままなので、時間が経過すると毛が再生します。 このときに毛が肌の下に埋もれたままになるのが埋没毛です。 肌の上から毛が埋まっているのが見て分かるので、見た目的によくありません。 埋没毛になるとなかなか解消されないのも困りものです。

除毛剤も肌トラブルが起きがちな方法の1つです。 除毛剤はムダ毛を溶かして処理しますが、毛だけでなく肌も少し溶けてしまいます。 肌が弱い人が使うと、炎症やヒリヒリなどが起きがちです。 肌が弱くないという人でも、敏感な箇所に使うと強い痛みを感じることがあるので、敏感な箇所のお手入れに上毛剤を使うのは注意しましょう。

上記のような肌トラブルを防ぐには、エステの光脱毛やクリニックのレーザー脱毛などがおすすめです。 光脱毛やレーザー脱毛は完了すれば無駄毛が生えてこなくなるので、自己処理をする必要がなくなります。 そうすれば自己処理で傷めてしまった肌や黒ずみ等も徐々に良い状態に戻っていくことが期待できます。 また、毛が生えなくなるので毛穴も引き締まってツルスベの肌になります。 顔脱毛をすれば毛穴が目立たなくなったり、化粧ノリが良くなるといったメリットも期待できます。

無駄毛が気になってきたときに最初は自分で処理する人がほとんどだと思います。 自分で無駄毛の自己処理をする簡単な方法としてはカミソリや毛抜き、除毛剤などがありま